こんにちは。橘です

こちらの内容は、写真の左にありますアルミサッシの内側に雨漏りをするので調査依頼がありました。

写真とは別日に、散水調査や後付けのシャッターBOXなどを部分的に外させていただき調査いたしました。

原因は、写真の右にあります下屋根の付け根部分がしっかり雨水をうまく逃がすための防波堤になっていなくまた角度も足りていないために

起きたのではないかと思います。ハウスメーカー様の施工が雑な部分は多少ありましたが、それよりも近年の環境変化が及ぼす雨量など

昔に比べて随分変わってきている影響もあり従来の角度では耐えられなかったのではないかと思います。

処置としましては、目立ちにくいよう黒のコーキングを使用し雨が入りにくいように防波堤の高さを出すようにコーキングを施工いたしました。

あまり必要以上に隙間にコーキングの量を増やしたり・埋めたりはNGのため適材適所に処置をいたしました。

今回の処置で漏水がなくなることを願います。